2017年6月11日 更新

伊豆ショートトリップ♪

東京からもほど近く、それでいて日常を忘れられるオススメのスポット伊豆!伊豆で大人のショートとリップしてみませんか?!

伊豆にショートトリップしてみませんか?!

静岡県にある伊豆半島は、熱海から南側の半島を言います。

thinkstock (34714)

この地域の特徴は、他の静岡県の地域よりも南側にあるため、気候が温暖なことです。周りが海に囲まれていて、海水浴ができることや小高い山があり、自然を大いに満喫できる点で魅力的と言えるでしょう。


人口は下田市や伊東市を中心におよそ47万人います。

その一方で別荘が多く、短期的に滞在する人が多いのが特徴になります。

特に夏場になると、別荘で夏休みを取る人が多く、観光客が多くなります。

gettyimages (34731)

冬場もそれなりに暖かいのも特徴です。

冬場に雪が降る事は珍しく、気温も氷点下になる事はほとんどありません。


ただし天城山あたりでは標高が高いことから、氷点下になる地域もあります。
特に夜は寒くなりますので注意が必要です。
 (34720)

海水浴に行く場合は、伊豆半島の西側よりも東側がにぎわっているのが特徴です。

熱海市から南側は海水浴場が多く、関東地方などから比べると水質がきれいなことから、好んで伊豆半島に泳ぎに来る人も少なくありません。

伊豆オススメグルメ♪

伊豆半島は、海に囲まれていますが、その中でのおすすめグルメは海の幸が中心になります。

gettyimages (34725)

海の幸として、いくらやうに、エビ、サザエなどあり、大量に採れます。

どんぶりにして食べる方法もありますが、磯焼きなどを味わうこともできます。
istockphoto (34727)

海鮮ものでも、新鮮なネタを使ったお寿司も侮れません。

都会で食べる趣旨とは違い、とれたての魚介類をそのまま味わうことができます。

海鮮もの以外では、そばが人気です。きれいな水で有名な伊豆半島では、おいしいそばをつくることができます。

gettyimages (34733)

そばの独特の香りも、よくふんわりと口の中に広がるのが特徴になります。

伊豆半島は山の中腹にいくつかの牧場があります。

thinkstock (34735)

海ばかりが注目される伊豆半島ですが、牧場でとれる濃い牛乳の味を一度味わってみるのもよいでしょう。

牛乳だけでなく、牛乳から作る新鮮なソフトクリームは、ほのかに牛乳の味を味わうことができ、小さな子供を連れて行き旅行する場合にはぜひ食べたい一品です。

gettyimages (34738)

立ち寄ってほしいオススメスポット♡

伊豆半島の中で、オススメのスポットはいくつかありますが、そのうちの1つが熱海城です。

 (34717)

熱海城といっても、歴史散策とはあまり関係がありません。なぜなら、熱海城自体が戦後に建築された建て物だからです。

一見戦国時代に出来上がった城のように感じますが、実際には観光施設として建てられたお城です。
 (34718)

そのため、中には歴史的資料等があるわけではなく、スパがあり、ゆっくりとした時間を過ごすことが可能です。お城は高台にあるため、熱海の海が一望できるのが特徴になります。

次に、熱川市にある熱川バナナワニ園は、世界中のワニが飼育されており、間近で見ることができます。

 (34719)

バナナワニ園の中でも、ワニがいるエリアと植物のエリアがあります。

ワニのいるエリアから熱帯植物のあるエリアに行くためには、バスに乗っていかなければなりませんが、熱帯植物園のチケットさえ持っていれば無料で乗ることができます。

一つの空間に多くのワニがいますので、子供を連れて行くと喜ぶでしょう。またデートスポットとしても魅力がある場所です。

オススメ!伊豆土産♡

伊豆半島の土産で有名なのは、オレンジのゼリーです。

 (34740)

小さな包みに入ったゼリーは、口当たりが優しく、食感が柔らかいのが特徴です。

酸っぱさだけでなく甘さも同時に合う味わうことができ、子供のおやつにはぴったりと言えるでしょう。

二つ目はラスクです。

 (34741)

工場が併設されている直売店があり、ラスクを購入することができるだけでなく、ラスクが製造されている過程をガラス越しに見ることができます。

お店の中に入ると、無料で提供されているコーヒーを飲むことができるのが特徴です。

この中で珍しい商品はワサビの入ったラスクです。
甘みがありながら鼻につんとくる味は、大人のお土産として最適でしょう。
伊豆半島の中央に位置し、文豪たちに愛された自然の中に東京ラスク伊豆工場があります。
工場に併設した工場直売店は、ラスクを製造しているところも見学ができ、無料のコーヒーやソフトドリンクで一休みしていただけます。
ドライブの途中にぜひお立ち寄りください。

三つ目は、イノシシの形をした「もなか」です。

 (34743)

このもなかの特徴は、イノシシがたくさん生息している天城山にちなんだ「もなか」になります。

北海道十勝産の大豆と信州産の糸寒天を利用しており、たっぷり時間をかけて炊いたあんこは絶品です。

その歴史も古く、昭和初期からの定番のお土産になっています。

都内からもほど近く、週末旅行にもオススメの伊豆!是非ショートとリップしてみてくださいね!

 (34722)

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

オトナ女子 オトナ女子