2017年6月9日 更新

横浜・元町ショートトリップ♪

都内からアクセスも◎!!異国情緒ただよう西洋館や、港の見える丘公園、山下公園などのデートスポットも一緒に楽しめる横浜元町にショートとリップしてみませんか?!

横浜元町にショートトリップしてみませんか?!

gettyimages (34027)

港町ヨコハマの名所のひとつ元町。 都心から1時間以内、渋谷駅からは乗り換えなしの46分で、この異国情緒あふれる商店街に辿り着きます♡

 (34018)

元町商店街の歴史は古く、江戸時代(安政6年)の、横浜開港当時にさかのぼり、明治、大正と時代を経て、山手居留地の外国人をターゲットにした西洋風の商店が並んだ。

正に、文明開化の産物であります!
 (34026)

元町から少し歩いて山手居留地が西洋館として、現在も残り、いくつかの洋館が一般解放されているので元町を訪れた際には、脚を伸ばしてみる事もオススメです。

その後、関東大震災や戦争からも見事に復興し、変わりゆくものと変わらないものが共存する、今日のレトロモダンな元町ショッピングストリートとなっていきました。

 (34020)

着物で元町ランチなんてのも素敵ですね♡

着物をレンタルして着付けもをしてもらえるプランも♪

横浜市民が「モトマチ」と呼び親しむ、この商店街は、昭和42年のパリのフォーブルサントノーレを始め、サンフランシスコのユニオンストリートなど、世界中で9ヵ所の商店街と姉妹提携を結んでいます。

 (34022)

高級感のある店舗が立ち並ぶ、独特の街並みは、昼間のショッピングはもちろん、店舗が閉まった後の静かな夜の通りを散歩するのも、なかなか雰囲気が良くておすすめです♡

モトマチの文化と言えば、70年代に大流行した「ハマトラ」横濱トラディショナルファッション♡

ポロシャツにカーディガン、タータンチェックのスカートにハイソックスといった、お嬢さんスタイルで大ブームとなりました。

 (34023)

ハマトラファッションの限定リカちゃんが販売された事も!

「フクゾーの服」「ミハマの靴」「キタムラのバッグ」はハマトラ三種の神器と言われていました!

 (34017)

子供服も可愛いですね!
タツノオトシゴのフクゾー本店、トラディショナルなパンプスが素敵なミハマ本店、Kのロゴでおなじみのキタムラは、カジュアル向け店舗や、なんと北村茶道具店まで含めて5店舗もあります。

モトマチへ行ったなら、ハマトラ3店はおさえておきたいですね♡
 (34024)

モトマチには、ジュエリーショップも多く、人気ブランドSTAR JEWERY元町本店は、外国のホテルのような外観で思わず、写真に撮りたくなります!

 (34025)

同じくジュエリーの4℃やSWAROVSKIも、レトロな街並みの中に今っぽさが見事に映えていて、本当におしゃれで、店内でも店外でも楽しませてくれる。

抑えておきたい元町グルメ♡

レトロモダンな外観の浪漫館横浜元町本店は、カツサンド専門店。

 (33999)

焼きたて食パンに分厚いジューシーなヒレカツと新鮮な野菜をサンドして、ボリューム満点。

テイクアウト専門の1Fと、2Fはゆっくり座って食事ができるレストランになっていて、ミックスフライセットや、チキンサンドも大人気です!

女性に大人気なのが、スタージュエリーがプロデュースするSTAR JEWERY CAFE&CHOCOLATIER。

 (34001)

ジュエリーショップのような真っ白なインテリアに、ジュエリーのようなスイーツは女性にはたまらないですね♡
 (34002)

メイドインジャパン、オーガニック、フェアトレードなど素材にもこだわり、ジェラートやショコラから、サンドイッチなど軽食まであって、ボリュームたっぷりの地産野菜を使ったコブサラダも大人気である。

オーガニックに興味がある人には、ヨガサロンも併設しているオーガニックレストランきせきの食卓は、細かい点まですべて、食の安全にこだわりぬいていておすすめです!

食パンの元祖・ウチキパン。

食パンの元祖・ウチキパン。

創業明治21年で現在は4代目、129年変わらずに伝統のホップを発酵させて作るイギリスパン「イングランド」は大人気。

いつも多くのお客さんで賑わい、お目当てが買えない人も続出してしまうため、公式サイトで焼き上がり時間の目安を告知しているのでチェックして来店がオススメ!
これは絶対に一度は食べておきたい一品です!

大盛況のパン屋といえば、チェーン展開しているポンパドウルも横浜元町店が本店である。

 (34005)

スイーツならば、定番の!横浜元町・霧笛楼がおすすめ♡

 (34006)

『横浜煉瓦」

『横浜煉瓦」

濃厚過ぎるチョコレートと表面のとろけるチョコレートが絶妙、ハーフサイズの「煉瓦の誘惑」もお手軽サイズにミニナイフがついて食べやすい。ラムレーズンバージョン、オレンジピールバージョンもあるので、バラで好みの物を買うもよし、おしゃれなパッケージの5個入りもお土産なら喜ばれる事間違いなし。

生チョコの「モトマチの石畳」もぜひおすすめしたい所だが、冬季販売のみの季節商品なので、冬になったらチャレンジして欲しい一品です!
gettyimages (34028)

老舗のお店も、新しいcafeなどの美味しいグルメも同時に楽しめる、横浜・元町でショートトリップを楽しんでくださいね♡

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

オトナ女子 オトナ女子